インタビュー>>5
『トップクラス問題集』は文句なしに最高です

はじめに

昨年,3年生のお子様のために『トップクラス問題集 国語3年』と『トップクラス問題集 算数3年』をご購入になった,K.T.様。
このインタビューでは初となる,お父様のご登場です。
エスカレーター式に中学校へ進学できる私立小学校にお通いとのことで,公立とは違う学校の様子もお伺いすることができました。
4年生になられた現在も含め,ご家庭での学習についてお伺いしました。

文理:私立小学校にお通いだそうですが,学習進度はかなり早いのでしょうか?

K.T.様:算数は,教科書を使わずに独自のカリキュラムで学習を進めています。効率よく学習できる単元を,まとめて教えていくという感じですね。ですので,『トップクラス問題集 算数3年』は学校の進度と合わないところがあって,全てやり通すことはできませんでした。
4年生になると,中学受験の塾でも使っている問題集が主教材になり,公立小学校では扱わない内容,中学入試に出てくるような内容も学校で学んできます。 国語は,ほぼ教科書に沿って進めていますね。

文理:宿題もかなりの分量になるのでしょうか?

K.T.様:1日1時間の勉強では宿題が終わらないですね。宿題の内容としては,漢字や日記,計算が中心です。漢字の宿題では,覚えた漢字で例文を作ることになっているので,親が必ず目を通さないといけないですね。

文理:ご家庭では,これまでどんな問題集をご購入になっていましたか?

“標準クラス” 標準クラスは,さすがにほぼ完璧にできていますね。

K.T.様:宿題が多いので,低学年のころはあまり手を広げずに,数を絞って問題集を使っていました。1・2年生のころ使ったのは,『教科書ワーク』と『最レベ問題集』(奨学社)です。教科書に沿って学習を進める国語では,『教科書ワーク』が役立ちましたね。『最レベ問題集』については満足できない点が多かったので,3年生になった昨年は,『最レベ問題集』ではなく,『トップクラス問題集』を購入しました。
一応内部試験はありますが,今通っている小学校から,エスカレーター式に中学校へ進学できるんです。ですから,中学受験ほど張り切る必要もないので,低学年のうちにどんな問題集を与えたらいいか,なかなか難しい面がありましたね。


文理:『トップクラス問題集』ご購入の決め手は何でしたか?

国語の答え方のきまり 答え方の重要な説明のところには,しっかり線を引いてあります。

K.T.様:まずは,「森上展安先生推薦!」「塾へ入る前にやるべきことがあります。」という帯の文句ですね。特に,「塾へ入る前にやるべきことがあります。」というキャッチコピーにはビビビッときました。
実際に使ってみて,良問がそろっている点,解説が丁寧な点も気に入りました。
他社の国語の問題集では,「あれ?」と思うものが答えになっていることがありますが,『トップクラス問題集』はどの答えも納得できるものばかりでした。難しくても基礎力があればきちんと答えられる良問がそろっていると思います。
また,国語は間違えたときにどう教えていいか悩むことが多いのですが,『トップクラス問題集』の解説はとても充実していて,いいですね。親が指導するときにこれだけ役に立つ解説は,初めてですよ。
漢字の単元で,ただ漢字を覚えさせるだけでなく,成り立ちや意味までしっかり扱っている点も素晴らしいですね。成り立ちや意味を学習することで,漢字の理解が深まると思うのですが,通っている小学校では,6年生までこういった内容を学ばないので,とても新鮮でした。
わが家には今中学1年生の子どももいますが,『トップクラス問題集』のおかげで下の子の方が国語はよくできますね。


文理:『トップクラス問題集 算数3年』はいかがでしたでしょうか?

漢字の単元 特殊な読み方をするものには,マーカーが引いてあります。

K.T.様:上の子どもも同じ小学校に通っていたので,学校のテストがどんなものか把握しているんですが,学校のテスト対策になるような問題集はなかなか見当たらないんですよね。そんな中,『トップクラス問題集』はテストの練習になる問題がそろっていて,とても役に立ちました。特に,“ハイクラスB”は学校のテストにぴったりだったので,“ハイクラス”を中心に取り組み,“トップクラス”で子どもの力を確認する,というように使っていきました。
また,上の子の勉強を見たときに,算数は5年生になると急に難しくなって,それまでの学習内容と切り離されている印象がありました。5年生で変わるとわかっていれば,3・4年生のうちにもっとできることがあったのではないか,と思ったんですよね。その点,『トップクラス問題集』では水道の問題やリボンの問題など,いずれ出てくる応用問題の片鱗が扱われていて,こうした考え方に慣れさせてくれる配慮がありがたかったです。


文理:ご家庭での勉強時間は1日どれくらいでしょうか?

K.T.様:3年生当時でしたら,平日は,宿題に1時間ほどかけ,さらに『トップクラス問題集』を1時間ぐらい,といったところでしょうか。解き終わったところは母親が採点して,間違えた場合はその場で説明しましたね。
4年生になった現在もそうですが,週末は私が勉強を見ています。国語は母親の,算数は私の担当になっていますね。週末は3時間から4時間ぐらい勉強します。子どもが勉強する内容は私も一通りさらっていますので,テスト前には私が予想問題を出してあげたりしていますよ。
1年生のころからそれなりの量の宿題があったので,勉強は習慣になっています。家庭では,宿題に何か問題集を加えて勉強するといった感じです。一人で勉強するのはまだちょっと難しいので,食卓など,親の目が届くところで勉強していますね。

文理:4年生になられてからは,どのような問題集をお使いですか?

K.T.様:私立小学校に通わせているためでしょうか,母親の間で,塾用の教材のことがよく話題になるみたいですね。書店では買えない塾用の教材をどこで手に入れられるか,わが家だけではなく,皆さんご存じですよ。わが家でも,国語だけで2冊買っています。そのうちの1冊は,学校で使っている問題集と同じシリーズです。学校で使っている塾用の問題集は,標準レベルのものなんですよね。そこで,わが家ではそれと同じシリーズの発展レベルを購入しました。
今後は,いつ・どこの塾へ通うかが悩みどころですね。中学校進学のための内部試験に備えて,受験塾へ通わせるご家庭もあれば,学校の学習に沿った専門塾へ通わせる方もいます。

文理:習い事はなさっていますか?

K.T.様:プールに習字,英語とピアノ,それに歌をやらせています。習い事へ行かない日は,週1日だけですね。学校でも3年生から英語は始まるんですが,それとは別に英語の塾へ通わせているんです。通っている塾では,5・6年生に英検を取らせています。ずっと日本で暮らしていたにもかかわらず,英検3級を取るお子さんもいましたよ。中学1年生の上の子どもも,下の子と同じ私立へ通っていますが,中学入試で入ってきたお子さん方に対して,英語はアドバンテージになっています。

文理:問題集にどんなことを望まれていますか?

K.T.様:国語の問題集はとにかく解説が詳しいもの・分厚いものを買うようにと,学校から指導を受けていました。 これも,『トップクラス問題集』を選ぶきっかけになったかもしれません。
国語について言えば,世界を広げられるような文章が出てくるといいですね。また,読むのに骨が折れる文章や,説明文のようにふだん読む機会の少ない文章が載せてあったらいいですね。問題集の文章を読むと,大人でも勉強になる話によく出会います。こうした文章から,科学や環境への興味が生まれてくれると嬉しいです。
わが家では,問題集で読んだのがきっかけとなって,その文章が載った本を借りてくることもあります。内容が面白いので続きが読みたくなるという場合もありますし,「この学年ではこれぐらいの文章を読めなくてはいけないんだ」という目安になることもありますね。 小さいころから図書館へ通い,いろいろと本を読ませてきましたが,最近は,『トップクラス問題集』も含め,問題集の文章選びを大いに参考にさせてもらっています。

おわりに

お子様を私立小学校に通わせていらっしゃるだけあって,K.T.様はとても教育熱心な方でした。教科の内容もよくご存じで,お買いになった塾用の教材も,実際に塾の先生方の評価が高いものばかりです。お話をお伺いする中で,私どもが勉強させていただいた面も多々ありました。
今回,『トップクラス問題集』に関して,とても嬉しいご感想をお伺いすることができました。私どもが力を入れた工夫を認めてくださる読者がいらっしゃるというのは,編集者冥利に尽きることです。奥様が,周囲のお母様方に『トップクラス問題集』をすすめてくださっている,というありがたいお話もお伺いすることができました。
K.T.様のお話をご参考に,まだ『トップクラス問題集』をご購入になっていない方も,問題の質の高さや解説の詳しさを,是非ご自分の目で確かめてくださればと思います。

<<<<<ご購入は,
問題集のおみせ
キュリオからどうぞ