インタビュー>>3
文章題を解く力を確実に身につけるために

はじめに

お子様が2年生だった昨年,『トップクラス問題集 算数2年』をご購入くださったM.K.様。
10月から『トップクラス問題集』を始められて,3月には全て終えられたとのことです。
お子様は公立小学校へお通いですが,周囲は教育熱心な方が多く,M.K.様も刺激を受けていらっしゃるようです。
3年生になられた現在も含めて,ご家庭での学習についてお伺いました。

文理:これまではどのように学習を進めてこられましたか?

M.K.様:幼稚園が全く勉強に取り組まないところだったので,年中から公文式に通わせました。国語と算数をやらせていたんですが,小学校に入ってから全然伸びなくなってしまって……。夕方遅くに通わなければいけない点も負担だったので,結局昨年の夏に公文式をやめ,家庭で勉強を見るようにしました。
それからは,「トレーニングペーパー 算数大すき」(ニュートンプレス)や,通信教育の「チャレンジ」(ベネッセ)などを利用していたんですが,書店に何かいいものがないかと探してもいて,そのとき出会ったのが,『トップクラス問題集 算数2年』です。

文理:2年生のころお使いになった教材は,その3種類ですか?

M.K.様:そうですね。「トレーニングペーパー」は予習用として使い,『トップクラス問題集』は応用問題への挑戦のために,そして「チャレンジ」は復習のために使いました。国語も,「トレーニングペーパー」と「チャレンジ」で学習しています。

文理:『トップクラス問題集』を購入された決め手は何ですか?

文章題の問題 見事な出来ですね。ほめてあげるお母様の気持ちがよくわかります。

M.K.様:子どもは文章題が苦手だったので,文章題の問題が豊富な点がよかったですね。「トレーニングペーパー」を購入したのも,文章題にひかれたためでした。文章題を読む訓練を積んでいけば,国語力は自然と身につくという考えもありますしね。
あとは,解き方を詳しく解説している点も魅力でした。2年生の算数なら解説がなくても自分で説明できると思っていたんですが,実際に問題を見ると,大人ならx,yのような変数を使ってしか解けないのでは,と思うものもあるんですよね。2年生の子どもがどうやって解いていったらいいか,ここまで詳しく解説してくれる問題集は他にありませんから,とても助かりました。


文理:『トップクラス問題集』の内容は,いかがだったでしょうか?

“ハイクラスB”問題 “ハイクラスB”は,ほぼ完璧にできています。

M.K.様:“ハイクラスB”までは大体自力で解けるのですが,“トップクラス”はさすがに難しかったですね。途中まで考えることはできるのですが,答えを導き出す前にやめてしまうことが多かったです。それと,後半の植木算あたりになると,かなり難しかったですね。


文理:自力で解けなかった問題や,間違えてしまった問題があった場合,どのように対応なさいましたか?

M.K.様:とにかく一冊やり終えることを目標にしていたので,解き直しなどはしませんでした。一冊最後までこなそうと子どもと決めておけば,目標がはっきりして達成感が得られます。とにかく先へ進めることを優先したんです。もちろん,一冊の問題集を繰り返すとより効果的だとは聞くのですが,なかなか時間が取れなくて……。自力でできなかった場合は,「こういうふうに考えてごらん」と私の方で考え方を示して,答えだけ子どもに導き出させるようにしました。

文理:なかなか時間が取れないということですが,1日の勉強時間はどれぐらいになりますか?

M.K.様:習い事やクラブ活動で忙しくなったので,今は1日1時間ぐらいです。“トップクラス”の難しい問題に手をつけ始めると,2時間くらいかかってしまうこともありましたね。 土日は主人が勉強を見てくれています。
勉強の進め方としては,まずは学校の宿題をやり,それから「チャレンジ」に取り組むようにさせています。さらに問題集をやらせる場合は,「ゲームを30分やりたかったら『トップクラス問題集』のこのページをやるんだよ」と交換条件を出すことで,子どもを納得させることもあります。本当は交換条件など出したくないんですが,ゲームが好きで困ってしまいます……。周りのお子さんが皆さんゲーム機を持っているので,わが家だけゲーム機を取り上げるわけにもいかないんですよね。
やはり交換条件を出してしまったんですが,「3月中に『トップクラス問題集』を終えたら,何かソフトを買ってあげるよ」と言ったら,春休みは熱心に『トップクラス問題集』に取り組んでいました。ただ,そのおかげで,先生に文章題を理解する力があるとほめられたのは嬉しかったですね。

文理:周りの皆さんも,教育熱心な方が多いようですね?

M.K.様:学校で学ぶ内容など気にせず,先取りでどんどん学習を進められるご家庭は多いですね。幼稚園で割り算まで進んでいたご家庭もありました。学校の勉強をやっているだけでは落ちこぼれてしまうんではないか,という不安があるんですよね。
わが家ではまだ真剣に考えてはいないですが,皆さん,中学受験についてもお考えになっているようです。中学を受験する・しないに関係なく,4年生からはほとんどのお子さんが塾へ通っています。
塾の公開テストを受けたご家庭も多いみたいですね。わが家は子どもが受けたいとは言わないので,まだ経験させていません。
あとは,英語の勉強にも皆さん熱心です。わが家でも,幼稚園のころ3年間英語を学ばせていまして,今年になって,また英語の勉強を再開しました。

文理:お子様の教育について,どのようなお考えをお持ちでしょうか?

M.K.様:公文式に通って身につけた勉強の習慣を維持しておきたい,という思いが今は強いですね。この習慣を失わないように心がけています。
また,今後のことを考えると,文章題を解く力と英語の能力は,とても重要だと思います。私自身算数・数学が得意だったこともあって,算数は好きになれば伸びる教科だと思っているので,算数,特に文章題には力を入れています。
中学受験については,無理に受験をさせたくはありません。ただ,本人がやる気になったときに実力が伴っていないと苦労しますから,ある程度の力は今のうちからつけておいてあげたいですね。中学受験をしなかったとしても,今から力をつけることは将来きっと役に立つと思うんです。
いずれにしても,子どものやる気がないと何も始まりませんから,子どもの思いを尊重したいですね。

おわりに

M.K.様のお話からは,お子様の自主性を尊重なさる思いが強く伝わってきました。「子どものやる気がないと何も始まらない」というお言葉は,とても印象的です。お子様の将来を見すえて勉強に取り組ませていらっしゃる点には,深く感銘を受けました。
『トップクラス問題集』は,3年の国語と算数をすでにご購入になっていて,これから始めてくださるとのこと。M.K.様のご家庭での学習を支える教材として,『トップクラス問題集』がお役に立つことを祈るばかりです。
M.K.様が書店で買われた問題集は,『トップクラス問題集』だけだそうです。書店に並ぶ問題集では,最も確実に学力向上をお約束する問題集だと自負しておりますので,まだご購入になっていない方にも,是非『トップクラス問題集』をお試しいただきたいと思います。

<<<<<ご購入は,
問題集のおみせ
キュリオからどうぞ