インタビュー>>1
家庭学習は『トップクラス問題集』とともに

はじめに

1年生のとき,お子様が『トップクラス問題集』を使われていたN.N様。
お子様は公立小学校にお通いです。
半数以上が私立中学を受験する小学校だそうですが,N.N様は,現時点ではお子様の中学受験を考えていらっしゃらないようです。
小さいころから家庭での学習を習慣づけたいとお考えで,その家庭学習用に『トップクラス問題集 こくご1年』と『トップクラス問題集 さんすう1年』をご購入いただきました。

文理:なぜ『トップクラス問題集』をご購入になったのですか?

N.N様:教科書にぴったり合った問題集は,学校で学べる内容なので必要ないと感じています。そこで書店へ行き,いろいろと問題集を探していたのですが,幅広いジャンルの文章を扱っている点に魅力を感じて,まず『トップクラス問題集』の国語を購入しました。国語がよかったので,算数も買って使いました。テレビを観ていると,「これ『トップクラス問題集』で読んだよね!」と子どもが反応する話題が出てきたりして,子どもの世界が広がるのを感じます。

文理:それまではどんな問題集をお使いでしたか?

N.N様:幼稚園年長の後半で1年生の総復習ドリルを始めました。次に作文と文章題の1年生向け問題集に取り組ませ,1年生の春からは『はなまるリトル』(四谷大塚出版)の算数に入りました。『はなまるリトル』の難しさにびっくりして,算数の文章題を読み解くためには国語の力が必要だな,と思っていたときに出会ったのが『トップクラス問題集』です。
あとは,通信教育のサンプルが送られてきたら必ず子どもに解かせていますね。『トップクラス問題集』をやっていれば解ける問題ばかりなので,子どもも楽しんで解いているようです。

文理:『トップクラス問題集』をお使いになったご感想をお聞かせ願えますか?

『トップクラス問題集 こくご1年』 記述問題もきちんと書いて答えてくれています。

N.N様:算数の“トップクラス”は難しいですね。解けない悔しさで泣いてしまうこともありましたが,「“トップクラス”はできなくて当たり前よ」となぐさめています。ただ,似た問題が“標準クラス”→“ハイクラス”→“トップクラス”と順にレベルアップしていくので,子どもが解き方・考え方を自分で考えるようになっていいですね。
国語はいろいろなジャンルの文章が載っていて,興味を持って読むことができるので,文章を読む力が身につきます。また,ところどころに入っている“言葉をみがく”が,コーヒーブレイクのようでよかったです。国語に取り組んだおかげで,今では算数の文章題を読むのにへこたれなくなりました。

文理:“トップクラス”の難しい問題に出会ったときはどうなさっていますか?

N.N様:子ども一人ではどうしても解けないというときには,私も子どもと一緒に考えます。それでもわからないときは先に答えを見て,解き方・考え方を子どもと一緒に学ぶようにしています。

文理:ふだんの勉強時間はどれぐらいですか?

間違えたときには…… 小さく点を打って,解き直して正解したらマルをつけています。

N.N様:1日30分〜1時間ぐらいです。まずは学校の宿題に取り組ませます。宿題が終わったら,「『トップクラス問題集』は何時からやる?」と私から子どもに問いかけます。親が意識的に音頭を取ることで,子どもの関心を勉強へ向かわせるようにしています。
『トップクラス問題集』は,1日2ページが限度ですね。“トップクラス”を2ページこなすのは結構きついので,“トップクラス”を1ページと“標準クラス”を1ページというように,易しいレベルも入れて1日2ページになるようにしています。


文理:お子様の勉強を見られるにあたって,何か工夫なさっていることはありますか?

全部終わったら…… お子様が書いたマルです。顔のように見えますね。

N.N様:間違えたところにバツ印を付けると子どもがやる気をなくしてしまうので,ちょんと小さく点を打つだけにしています。やり直してできたら,もちろんマルをつけてあげます。全部解けたページは,子どもに好きなようにマル付けをさせています。そうすることで,子どもが解放感や達成感を得られると思うんです。
それと,算数の文章題では読んだところまで印を付けるようにしています。印を付けておかないと,条件を全て把握できないことがあるんです。


おわりに

お子様とのコミュニケーションを大切にされたいというお気持ちが,N.N.様からは伝わってきました。書店の片隅にひっそりと並んでいた『トップクラス問題集』を見つけて,ご愛用くださっているとのことで,嬉しいことこの上もありません。
『トップクラス問題集』は,中学受験をお考えの方を想定した問題集ですが,N.N様のように,日常学習用として『トップクラス問題集』一冊に絞ってお使いいただくのも嬉しい限りです。教科書は昔に比べ非常に薄くなっていますし,低学年向けの問題集は,どうしてもやさしいものばかりが多くなっています。まだ『トップクラス問題集』をご購入でない方が,N.N様のように,お子様の考える力を育む教材として,『トップクラス問題集』を手に取っていただければ幸いです。

<<<<<ご購入は,
問題集のおみせ
キュリオからどうぞ